鐵 IRON&STEEL 1984

 

IRON & STEEL
1984 文化特集 東京・鉄の文化地図
川崎製鉄 62ページ 525円

 

対談は、松村貞次郎 vs. 藤森照信「都市の鉄・愛される鉄」。
「アンソロジー 文学の中の鉄と東京」では、31作品を抜粋とともに取り上げている。

[塔]
『母ハルエ』上林曉
最後は東京タワーである。丸ビル街の大きな建物に驚き、たくさんの人の流れや、車の流れで母ハルエはすっかり疲れ、東京タワーに着いた時はもうぐったりしていた。
「自分は下で待ってるから、皆んな見て来い。」と母ハルエは言ったが、無理に勧めて、一郎と妹が両方から抱えるやうにして上がった。上がって見ると、見事な光景が見えた。広大なる東京が一目に見えた。