201204093374

アンテスとカチーナ人形

アンテスとカチーナ人形
図録
デザイン 馬面俊之
2004 美術館連絡協議会 発行

ホピ族が信仰する目に見えない精霊たち、カチーナ。そのスピリット(霊)を体現する「ティトゥ」。「ティトゥ」とは「人形」と同時に「子供」を意味するのだそうです。

アンドレ・ブルトンもマルセル・デュシャンもその魅力の虜であったというカチーナ人形。
精霊は居るのだ、と、確信します。図録という印刷物であることなどものともせず、彼らの存在感は圧倒的です。

この図録は、北米プエブロ・インディアンのカチーナ人形の世界最大のコレクターとしても知られる芸術家ホルスト・アンテスのコレクション79点と彼の作品62点を収録しています。図録には珍しく観音開きの造本です。

 

    

「アンテスとカチーナ人形」展@神奈川県立美術館葉山