山村浩二 マイブリッジの糸

山村浩二『マイブリッジの糸』フリップブック

アニメーション作家、山村浩二同名のアニメーションを世界初の四次元綴じフリップブックにしたてたもの。
片ページにコマ割りのイラスト、片ページにアニメーションの重要な要素となっているバッハの「蟹のカノン」の楽譜を入れ、それを四次製本で表と裏、双方向からパラパラみられるようにしたことで、より映画と連動させることが出来たそうです。

確かに、初めはどういうことかわからなかったのですが、見開き両面にイラストが描かれているということは、逆からパラパラしても同じページが開いてしまうはず。それがこの四次元綴じでは、表と裏、違う場面が双方向からパラパラアニメーションとして現れるのです。

何げなくみえる仕掛けなのですが、思いついた人はすごいと思う!