201312216719

MOLINA CAMPOS

MOLINA CAMPOS
Florencio Molina Canpos
文 Enrique Molina Angel Bonomini

来年は午年、ということで、アルゼンチンのイラストレーター、モリナ・カンポス(モリーナ・カンポス)の画集をご紹介します。
1891年ブエノスアイレスに生まれ、10代の頃にウルグアイ川に面した大牧場で過ごしたことが、彼にとってのイメージの源泉となっているようです。
靴の縫い目から商店のディテールにいたるまでガウチョたちの生活を丹念に描きつつ、ユニークなデフォルメにより、男たちの野太い笑い声や、乾いた草原を駆け巡る馬の蹄の音が聴こえてきそうで、何度見てもたのしい画集です。

略歴にはウォルト・ディズニーと顧問契約を結んだとの記載もあり、1943年にアメリカで公開されたディズニー映画『ラテン・アメリカの旅(Saludos Amigos)』の製作にも協力しているようです。

http://molinacampos.org

詳しい品出し情報はこちらをご覧ください⇒

12月26日追記
この本をめぐり、時代背景をお客さまより教えていただきました。

1992年に出版されたということは、アルゼンチンが軍事政権下でそれまで出版できなかったこういった本が、国中から資料や素材を探し出して出版されはじめた頃なので、とても貴重な本なのではないかと思います。

とのことです。実はこの本、長らく店頭に並んでいて、あちらこちらに動かしたり、東京蚤の市にも持っていったり、なんとなく遠巻きに気にかけてきた存在でした。売れそうなのにかなかな売れないなぁと、先日改めて一頁一頁ゆっくり目を通してみると、必ずしも自分の好みと一致するイラストというわけではないのに、やはり強烈に惹きつけるものがありました。ならばと、来年の干支にちなみこちらでご紹介させていただいたのでした。

日本がバブルに浮かれていた頃、幾人かの切実な思いから世に出ることとなったモリナ・カンポスの本は、いくつかの出会いののち、遥か彼方すっかり泡も消え去った日本の古本屋に数年滞在したのち、今日、新たに必要としてくださる方の元へ旅立っていったのでありました。

201312216720 201312216723 201312216722