吉上恭太セカンドアルバム『ある日の続き』先行発売はじまりました。

ふた月に一度くらいのペースでギターと歌の投げ銭ライブ「サウダージな夜」を開いていただいてる吉上恭太さんの2枚目のアルバムができました。
谷口雄、吉村類をプロデューサーに迎え、現場のたのしそうな雰囲気が一音一音から伝わってきます。レコーディングには、谷口さんのほか、渡瀬賢吾竹川悟史北山ゆう子並木万実増村和彦松村拓海影山朋子と、サウダージのゲストとしてほうろうでライブをしてくださったミュージシャンの方たちも参加していて、みなさんの演奏が超かっこよく、それでいてとても優しくじんわり身体に浸透してきます。毎日聴いていますが、その日によって、耳にすぅっと入ってくる、好きだな、と思う曲が違います。そのときの気分に寄り添ってくれる感じがします。ちなみに今日は、「犬の瞳が月より冴えたら」にぐっときました。

ジャケットのイラストは山川直人さん。あぁ東京の空だなぁと思います。建物たちがそれぞれに生き物みたいで、その建物に切り取られた空はいびつだけど、見上げるとずっと遠くの外国にも繋がっていいるんだと思える。
いつまでも続く余韻を感じさせるシックな装いは、すごく恭太さんぽい。板谷成雄さんのしごとです。さすが!


そしてリリース記念に作られた冊子『ある日の背中』を鶯じろ吉さんからお預かりしました。アルバムをお買上げの方に進呈させていただきます!じろ吉さん作る詞の背景が、体温を保ったまま伝わってきます。

吉上恭太 「ある日の続き」
¥2,300+税

SHINOBPHON RECORDS SBP1002

  1. 僕が生きるに必要なもの
  2. かもつせん
  3. 犬の瞳が月より冴えたら
  4. ホーボーだって深海魚の夢を見る
  5. ieji
  6. One Day 〜或ル日ノ続キ
  7. ほしどろぼう
  8. 十一月の寓話
  9. ごはんの湯気で泣くかもしれない

  10. 1〜9 [作詞]鶯じろ吉 [作曲]吉上恭太, 10[詩]菅原克己 [作曲]吉上恭太

[録音エンジニア]馬場友美 [マスタリング]原真人
[カバー・ブックレットイラスト]山川直人 [写真]鶯じろ吉, とも吉
[デザイン]板谷成雄

来週、8月28日(月)にCDの発売をお祝いして、イラストの山川直人さん、そして新刊『町を歩いて本のなかへ』の装画をはやり山川直人さんに描いてもらった南陀楼綾繁さん、吉上恭太さんの3人のトークショーを開きます。多くのお運びお待ちしてます。
お申し込み、詳細はこちら→ 『東京で語ること、歌うこと、描くこと』

試聴ページ