カテゴリー別アーカイブ: 品出しからPickup

The Medium is the Massage 1967年 初版

IMG_0051

The Medium is the Massage An Inventory of Effects
Marshall McLuhan
Quentin Fiore
Co-ordinated by Jerome Angel
1967年 Random House

品出し情報はこちら⇒

メディアはマッサージである
マーシャル・マクルーハン
クエンティン・フィオーレ
南 博訳
装幀 渋川育由
1995年 河出書房新社

IMG_0052

IMG_0060

IMG_0062

IMG_0066

IMG_0068

IBM タイプライターカタログ

20141023_0016
IBMって、International Business Machines Corporation だったのですね。もうIBMはIBM、わたしには巨大企業すぎて何をしてるかもよくわからないのですが、ポール・ランドによるロゴデザインだけはしっかり頭にこびりついています。IとBとMの3文字というシンプルさもありますが、奇をてらっているわけではない字体や、現在のブラインド越しのようなロゴデザインが無意識のうちに刷り込まれているというのはすごいことだと思います。

そして、このカタログ。タイプライターの、というだけで充分甘美な代物なのに、あまりに美しすぎます。これから古本として店に並べるというのに全ページ写真に撮ってしまいました。デザイナーの名は見当たりませんが、(C)1959とクレジットがあるので、ひょっとするとポール・ランドかもしれません。 だったらうれしいなぁ。。サイズは、230mm × 152mmです。
品出し情報はこちら⇒

『シュトルム・ウント・ドランクッ』とアナキズムの本


 
当店ともご縁がある山田勇男監督の最新作『シュトルム・ウント・ドランクッ』の公開を祝して、アナキズム関連本のフェアを開催中です。映画のなかで躍動するギロチン社や労働運動社の面々をはじめ、大杉栄から石川淳まで。あと大逆事件についての本も並べました。全部で50冊ほどではありますが、映画をご覧になり、大正時代のアナキストたちに興味を持たれた方に、手にとっていただけるとうれしいです。

駒込片町の労働運動社や白山上の南天堂は映画のなかにも登場しましたが、この界隈は当時のアナキストたちにとって勝手知ったる土地でした。なので、そこをとっかかりに当店のお客さまが彼らに興味を持ってくださったら(そして映画も観ていただけたら)とも思っています。そういった意味で、この町と大いに関わりのある2冊の本、『大正自由人物語 望月桂とその周辺』(小松隆二/岩波書店)と『南天堂 松岡虎王麿の大正・昭和』(寺島珠雄/皓星社)の在庫がないのは残念ですが、もしどこかで見かけたらそちらもぜひご一読ください。

以下、主なタイトルをリストにしてみました。本当は一冊ずつちゃんと紹介するつもりだったのですが、それが仇となってフェアの開始が1ヶ月以上遅れてしまったので、まずはこれにて。

『シュトルム・ウント・ドランクッ』は、現在、オーディトリウム渋谷にてアンコール上映中です(10月7日まで)。あがた森魚の甘粕正彦、流山児祥の福田雅太郎といった脇役陣、大熊ワタル率いるジンタらムータの演奏など、小さなお楽しみもたっぷり。未見の方はぜひお出かけください。(会場で販売されている『大正アナキスト覚え貼』もお薦めです)
 
 
『シュトルム・ウント・ドランクッ』チラシ(宇野亜喜良)

タイトル 著者 出版社 税抜き価格 状態、他
獄窓から 和田久太郎 幻燈社 1,500 1971年 第1刷
(復刻版)
解説:秋山清
物語 村木源次郎
:鈴木清順
死の懺悔
或る死刑囚の遺書
古田大次郎

江口渙
/小沢三千雄 編
春秋社 1,500 昭和43年 第1刷
(復原版)
函ヤケイタミ
ニヒルとテロル 秋山清 泰流社 2,000 昭和52年 第1刷
日本の反逆思想 秋山清 現代思潮社 800 1968年 新装第1版
函帯
反逆者の牢獄手記 高尾平兵衛
大杉榮
伊藤野枝
後藤謙太郎
村木源次郎
古田大次郎
中濱鐵
金子文子
和田久太郎
小西次郎
河合康左右
朴烈
黒色戦線社 1,000 1971年1月24日
幸徳秋水ら殉道の日 発行
労働運動
大杉榮・伊藤野枝・追悼號
ギロチン社
ネビース社
黒色戦線社
1,000 1971年 復刻発行

和田久太郎
「大杉君の思想の一考察」
富岡誠(中浜哲)
「杉よ! 眼の男よ!」
村木源次郎
「彼と彼女と俺」ほか
大杉栄研究 大沢正道 法政大学出版局 1,500 1977年 第2刷
大杉栄書簡集 大杉栄研究会 編
飛鳥井雅道 解説
海燕書房 1,000 1974年 第1刷
叛逆への情熱 大杉栄 大和書房 500 1971年 初版
無政府地獄 大杉栄襍記 安成二郎 新泉社 1,000 1973年 第1刷
大杉栄・伊藤野枝選集
第13巻「ある女の裁判」
黒色戦線社 1,000 1988年 初版
魔の宴 木村艸太 朝日新聞社 2,000 昭和25年 初版
ニヒリスト
辻潤の思想と生涯
松尾邦之助 編 オリオン出版社 1,500 昭和42年 初版 函
虚無思想研究
創刊号〜第5号
「虚無思想研究」
編集委員会
5,000 1981〜1984年
辻まことの世界 正続2巻 矢内原伊作 編 みすず書房 2,000 1980〜81年 重版
山靴の画文ヤ
辻まことのこと
駒村吉重 山川出版社 1,000 2013年 第2刷 帯
私の見た
日本アナキズム運動史
近藤憲二 麦社 1,000 1969年 発行
マフノの農民運動
(復刻版)
石川三四郎 黒戦社 1,000 1970年7月25日
マフノの命日 発行
平民の鐘
無政府主義の複音
山鹿泰治 黒色戦線社 1,000 1970年8月
著者死去の月 発行
山鹿泰治 人とその生涯 向井孝 自由思想社 3,000 1984年 第1刷
(新装・増補版)
女掠屋リキさん伝 水田ふう
向井孝
「黒」発行所 2,000 2006年 初版
墓標なき革命家
大正の叛逆児 高尾平兵衛
萩原晋太郎 新泉社 1,500 1974年 第1刷
中国の黒い旗 玉川信明 晶文社 1,500 1981年 初版
赤いつつじの花
金子文子の思い出と歌集
瀬戸内晴美
栗原一男
古河時雄ほか
黒色戦線社 2,000 1984年 初版
坑夫 宮嶋資夫

序文:堺利彦
   大杉栄
不二出版 2,000 1992年 函
復刻版 社会文学叢書
タナトス 3号 斧の会 1,000 1970年
「後藤謙太郎未発表詩」
所収
有島武郎全集 全10巻 新潮社出版 3,000 昭和4〜5年 初版
函 天金 非賣品
増補版
難波大助大逆事件
虎ノ門で現天皇を狙撃
編集・発行人
:大島英三郎
黒色戦線社 1,500 1979年 発行
日本無政府共産党 相沢尚夫 他 海燕書房 1,800 1974年 第1刷
日本アナキズム労働運動史 萩原晋太郎 現代思潮社 1,000 1969年 第1版 函
日本無政府主義運動史
第二編
鈴木靖之 黒色戦線社 1,000 1979年 初版
思想の科学
特集 アナキズムの可能性
大沢正道
向井孝
木下半治
秋山清
ほか
思想の科学社 1,000 1971年11月号
思想の科学 臨時増刊号
現代のアナキズム
大沢正道
鶴見俊輔
北沢恒彦
秋山清
ほか
思想の科学社 500 1977年11月
無政府主義研究 8
「日本千年王国論」
玄曜社
JCA
500 1977年
白頭吟 石川淳 中央公論社 2,000 昭和32年 初版 函
黒い花 立野信之 新潮社 500 1955年 初版
乱丁
十二人の死刑囚
大逆事件の人々
渡辺順三 編
江口渙 解説
新興出版社 1,000 1956年 初版
東京の木賃宿 幸徳秋水
中島及 編
弘文堂
アテネ文庫
500 昭和24年 初版
巻末に座談会
「大逆事件の真相」
(坂元清馬 岡林寅松
幸徳富治)
大逆事件記録 第一巻
「獄中手記」
神崎清 編 実業之日本社 3,000 昭和25年 初版
カバーイタミ
大逆事件記録 全3巻 神崎清 編 (1巻)
大逆事件記録刊行会
編 (2,3巻)
世界文庫 10,000 昭和46〜47年 初版
函背ヤケ少
革命伝説 全2巻
「天皇暗殺の巻」
「爆裂弾の巻」
神崎清 中央公論社 2,000 1960年 初版
函イタミ汚れ
幸徳秋水傳 糸屋壽雄 三一書房 1,500 1950年 初版
小口ヤケ
カバーなし
管野すが 絲屋寿雄 岩波新書 300 1970年 初版
大石誠之助
大逆事件の犠牲者
絲屋壽雄 濤書房 500 昭和46年 初版
小口に目立つ汚れ
新刊
The Life of Seinosuke
:Dr.Oishi and
The High Treason Incident

誠之助の生涯
:ドクトル大石と大逆事件
Joseph Cronin
ジョセフ
・クローニン
White Tiger Press 2,500 2014年 増訂第2版
熊野誌 第41号
「西村伊作特集号」
熊野地方史研究会
新宮市立図書館
3,000 平成7年 初版
大逆事件の周辺
平民社地方同志の人びと
柏木隆法
加藤善夫
亀田知明
松藤豊
論創社 2,500 1980年 初版 帯

ほうろう青空バザール 出品情報 その8 PR豆本 星のことば

20140810_0002-2
 
豆本 星のことば 20冊一括 ¥50,000(表記し忘れていましたが税別です。すみません。)

 
20140810_0002-1
8の会 編集 第一銀行 発行
第一銀行(→第一勧銀→現みずほ銀行)が配布していたPR誌です。
1960〜63年 号数とびますが20冊あります。
サイズ 10.5cm × 7.3cm(号によりばらつきあり)

なかなか上手く写真が撮れなくてご紹介が最後になってしまいましたが、今回のほうろうバザールを、この豆本セットのお披露目の場にするのがひとつの目標でした。
ひとつに束ねられた小さな冊子からただならぬ気配が漂い、広げてみたら、まぁなんと豪華な顔ぶれ。
1頁目のみホチキス中綴じで、2頁以降は折り本という構造になっています。簡単な造りですが、こういう遊び心に時代の勢いを感じます。

こちら、赤い表紙の創刊(と思われる)号の巻頭には、武井武雄の文章「生れる豆本」が収められています。奥付はなく、ほかには、シルレル 幸田文 北園克衛 ツルゲーネフ サトウハチローの文章や詩、長新太のイラストが収められています。

豆本屋は同類ができると仁義をしなくてはならぬものと見える。だが僕の方は小型という事自身には何の意義も感じてはいない。隅々まで掃き清められた、愛重に堪える本、小粒でも大粒にひけをとらない本、そんなものが欲しいと思うだけである。この小冊子はPRだがそうした目標をもっていくと訊いて、なる程それではやっぱり親類筋だと思ったのだが、さて実際に新しい感覚を打出してみんなを楽しませてくれるかどうか期待したい。


1960年? 1月号
資料:岡田要 中原佑介 樋口清之
装画:長新太
写真:菊池俊吉
編集:8の会
印刷:凸版印刷

 

20140827_0011
1960年4月号 4月馬鹿
寄稿:フランキー堺 高橋新吉 茨田茂平 河上三太郎 有馬稲子 木山捷平 鈴木義司 宮口精二 ヨネヤマ・ママコ 長新太 佐々木久子 北原武夫 芳村真理 宝田陽子 今官一 清宮美子 小島功 飯沢匡 改田昌直

 

20140827_0012
1960年5月号 愛鳥週間
寄稿:遠藤周作
イラスト:横山泰三

 

20140827_0013  20140827_0040 20140829_0003
1960年6月号
モリエール サミエル・ジョンソン ラ・シーヌ イラストクレジットなし

 

20140810_0007 20140829_0004
1960年7月号 星占い
トービス・星都 イラスト:やなせ・たかし

 

20140827_0016
1960年9月号
表紙:加山又造
本文:今官一
イラストレーション:油野誠一

 

20140827_0014 20140827_0039
1960年11月号
表紙・装画:池田龍雄
本文:伊馬春部
漫画:茨田茂平

 

20140827_0021 20140827_0034 20140829_0005
1960年12月号
表紙:長新太
装画:久里洋二
本文:永六輔
漫画:井上洋介

 

20140827_0022 20140827_0033
(1961年?) 入門シリーズ1 ゴルフのすすめ
表紙:福田繁雄
本文:水谷準
漫画:井上洋介
この号より 制作:凸版印刷デザイン企画部

 

20140827_0017 20140810_0002-2 20140810_0004-2
1961年 入門シリーズ2 モダン・ジャズの楽しさ (綴じこわれ)
表紙:真鍋博
漫画:長新太
本文:植草甚一 大坪直行

 

20140827_0018
1961年 入門シリーズ3 つりのすすめ
表紙:加納光於
本文:三遊亭金馬 鶴岡政男

 

20140827_0019 20140827_0036
1962年 入門シリーズ5 ボウリングのすすめ
表紙・漫画:久里洋三
本文:池部良

 

20140827_0020 20140827_0035
1962年 入門シリーズ8 香水のすすめ
表紙:長新太
本文:宮城まり子
イラストレーション:加藤八郎

 

20140827_0028
1962年 入門シリーズ9 狩猟のすすめ
表紙:多田ヒロシ
本文:赤尾好夫 藤田正男

 

20140827_0027
1962年 入門シリーズ10 スキーのすすめ
本文:岡部一彦
漫画:井上洋介

 

20140827_0025 20140827_0031
1962年 入門シリーズ11 宝石のすすめ
表紙:永田力
本文:椿八郎
イラストレーション:油野誠一

 

20140827_0024 20140827_0032 20140829_0006
1963年 入門シリーズ12 珈琲のすすめ(鉛筆によるイタズラ書きあり)
表紙:小野州一
本文・イラスト:富田英三

 

20140827_0026
1963年 入門シリーズ13 ヨットのすすめ
表紙:久里洋二
本文:堀江謙一 小沢吉太郎
イラスト:久里洋二 太田大八

 

20140827_0029
1963年 入門シリーズ14 歌舞伎入門
表紙・イラスト:三井永一
本文:利倉幸一 池末政男
レイアウト:山本胤臣

ほうろう青空バザール 出品情報 その7 星川清躬全詩集

20140808265

『星川清躬全詩集』編集 佐藤朔太郎 さとう工房 昭和53年初版 20,000円

編集者・佐藤朔太郎から挿絵画家・三井永一にあてた書簡がはさみこまれており、星川清躬は佐藤朔太郎の義兄にあたるとあります。星川清躬も三井永一も鶴岡の生まれです。

* 価格は本体価格です。バザール当日は、消費税サービス!

ほうろう青空バザール 出品情報 その6 武満徹「今日の音楽」

第2回「今日の音楽 Music Today」プログラム(企画・構成:武満徹/表紙デザイン:田中一光)

 1973年、西武劇場のこけら落としとして始まった、武満徹企画・構成による現代音楽祭「Music Today 今日の音楽」。そのプラグラム14年分と、非売品の『今日の音楽・1〜20 プログラム総覧』をセットで販売します。オマケとして、武満関連のコンサート・プログラム4冊も付けます!

 「Music Today 今日の音楽」プラグラム14冊(第2〜5回、第10〜16回、第18〜20回)
 「今日の音楽・1〜20 プログラム総覧」
 「作曲家の個展 ’84 武満徹」(サントリー音楽財団)
 「現代日本音楽の夕べ 4 武満徹」(東京交響楽団)
 「武満徹の合唱作品」(指揮:岩城宏之/東京混声合唱団)
 「武満・小澤 at SUNTORY HALL」

以上セットで 30,000円です。


 

* 価格は本体価格です。バザール当日は、消費税サービス!

ほうろう青空バザール 出品情報 その5 貸本漫画

『ハイスピード』2号、『街』55号、『刑事』4冊ほか
 
ずいぶん前に買い取った状態難ありの貸本漫画をまとめて出します。
どれもボロボロではありますが、それゆえに貸本全盛期の雰囲気が伝わってきます。
たとえば『刑事』で隣り合わせに掲載された永島慎二(漫画家残酷物語!)と辰巳ヨシヒロなど、
実際手にすると、やはり「おお!」と興奮しました。
 
『ハイスピード」2号 扉(画:辰巳ヨシヒロ)『ハイスピード』2号(三洋社) 3000円
   (表紙ビニールコーティング汚れ、小口ヤケ、紐綴じ)
  さいとうたかお「影野郎」
  辰巳ヨシヒロ「裏の裏」
  松本正彦「しくまれた罠」
  佐藤まさあき「麻薬患者」
  発行人:長井勝一
 
『街』55号 目次『街』55号(セントラル文庫) 3000円
   (カバーなし、小口ヤケ、紐綴じ穴跡、コワレ少)
  辰巳ヨシヒロ「狂犬」
  高橋まさゆき「悪人の陥し穴」
  佐藤たけしげ「墓穴を深く掘れ」  
 
『刑事』2号 目次『刑事』(東京トップ社) 各500円
   (カバーなし、小口ヤケ、紐綴じ穴跡)
  No.2(さいとう・たかお/ありかわ・栄一/旭丘光志/つげ・義春)
  No.6(さいとう・たかお/永島慎二/ありかわ・栄一)
  No.18(さいとう・たかお/南波健二/ありかわ・栄一/永島慎二)
  No.19(さいとう・たかお/永島慎二/辰巳・ヨシヒロ/ありかわ・栄一)
 
 
『赤目』第一部(ひばり書房) 扉『赤目』全2巻(ひばり書房) 5000円
   (カバーイタミ、小口ヤケ、紐綴じ)
  白土三平「赤目」
  小島剛夕「おぼろ笛」「おぼろ人形」
 
 
ほか、貸本ではありませんが、白土三平を大量放出。
BIG COMICSの異色作品集は200円均一(『バッコス』は全5巻で1000円)、
文庫本は100円均一。不揃いセットも格安です。
 
あと、毛色が違いますが、少女漫画シリーズ『泉』1、2巻もあります。こちらは各1000円です。
 
* 価格はすべて本体価格です。バザール当日は、消費税サービス!
 
白土三平いろいろ