カタリココで販売する新刊書籍

 

明日はいよいよ片岡義男さんをお迎えするカタリココ。

当日販売する片岡さんと大竹さんの新刊書籍を、以下アップしておきます。

もちろん古本もありますが、それは見てのお楽しみということで。


 

片岡義男

『恋愛は小説か』   『言葉を生きる』

『この夢の出来ばえ』 『木曜日を左に曲がる』

『ここは東京』    『階段を駆け上がる』

 

『言葉を生きる』には、大竹さんと秋葉直哉さんの、それぞれに素晴らしい書評があります。

かつてのお二人と同様、なんとなく片岡さんを避けている方にこそ、読んでいただきたいです。

http://booklog.kinokuniya.co.jp/ohtake/archives/2012/06/post_82.html

http://www.webdoku.jp/cafe/akiba/20120621103048.html

 

また、担当編集者である八巻美恵さんの文章も必読。

一冊一冊の本が、どのように生まれ、かたちになっていくかの、貴重な記録でもあります。

http://suigyu.exblog.jp/18152434/ http://suigyu.exblog.jp/17987328/

http://suigyu.exblog.jp/17751003/ http://suigyu.exblog.jp/16117337/

http://suigyu.exblog.jp/15025463/

 

そして「片岡さんといえば赤い背表紙の角川文庫だよなあ」というみなさんには、

『この夢の出来ばえ』を編集された川崎大助さんによる、「レッド・スパインを追う旅」を。

http://www.dotbook.jp/magazine-k/2012/05/24/seeking_red_spines_in_bookoff/

 
 

大竹昭子

『日和下駄とスニーカー 東京今昔凸凹散歩』

『ことばのポトラック』

『読むとだれかに語りたくなる』

 

 『日和下駄とスニーカー』は、明日14日が発売日。大竹さんと荷風、とても楽しみです。