ピアノと甲賀さんとファビィ ルビィ


3ヶ月前、思いがけずピアノを譲り受けました。
先月の終りに調律も終え、今年の芸工展では「古書ほうろうでピアノを弾こう!」と銘打っていろいろな方に弾いていただいています。企画したときには誰も弾いてくれなかったら寂しいねと話してたのですが、よちよち歩きのお子さんや、ご近所にお住まいで電子ピアノしかなくてという女性、たまたまチラシを置きに見えたアーティストの男性、楽譜持参の女性、今日はピアノと歌のデュオの練習に来てくださったお二人もいました。
突如響き渡る、ショパン、モーツアルト、バッハ、デイヴ・ブルーベック、坂本龍一の調べに、居合せたお客さんから拍手が起きることもしばしば。美しい自作曲もありました。誰が何を弾くのか全くわからないというハプニングの連続に、つい仕事の手が止まります。

そして古本屋といえば当然ながら壁=棚なわけですが、ピアノを置いたことで、その上に僅かながらも空間が生まれたことも貴重な副産物でした。この記念すべき壁には、平野甲賀さんのリトグラフにトップバッターを務めていただいています。
左が、玉川しんめい『ぼくは浅草の不良少年 実録サトウ・ハチロー伝』、右が、林達夫評論集『歴史の暮方』です。質感が少しでも伝わるよう、あえて額装はしないまま。これから定期的に入れ替えて展示販売していきますので、ぜひピアノの上にも御注目ください。

そして甲賀さんの前でピアノの演奏を心待ちにしてる人たち。こちらも芸工展の企画で、お客さまの佐藤ひろえさんが作られた「ファビィ ルビィ」です。赤や青のボリューミィなヘアスタイル、ばっちり施されたアイメイク、奇抜なドレス、一見挑発的な印象を受けるのですが、飾ってみるとあら不思議。本の色や気配をうまく味方につけつつ、しっかり本も引き立ているんです。ピアノの上だけでなく、店内あちこちに居ますよ。今度の日曜日、26日が最終日となります。ぜひ会いに来てください♪
20141016_0005