空想製本屋「旅の思い出を本にする」ワークショップ 第2弾

前回のようす

6月に開催する空想製本屋さんのワークショップでつくる本の見本をお預かりしましたのでご紹介します。

糊を使わずに糸だけでつくる基本的な「一折中綴じ」と、二折を綴じる応用編を学びます。
下の写真の上5枚紺色の表紙が「一折中綴じ」です。
背に綴じ糸が見える造りです。見本は赤い綴じ糸に合わせた赤い色鉛筆で「2005.10 bruxells」とタイトルが書かれていて、最後のページには航空券も綴じられています。

その下が応用編で、アレンジの例として、折と折の間にトレーシングペーパーでつくられたポケットがついているものと、地図を折りたたんで綴じたもの2種類をご紹介。地図を綴じた方は、綴じ糸を長く残し留め具をつけています。
これらはあくまでサンプルですのでアイディア次第で、さまざまなアレンジが可能です。

初めての方でも丁寧に教えてくださいます。安心してご参加ください!

6月4日に1席空きがでました。興味のある方は空想製本屋さんまでお問い合わせください。⇒ info[at]honno-aida.com