〈TKレビュー〉にむけて 第一夜 小森岳史

 
「ねむい」 小森岳史

 
ねむい
さむいひほどねむい

そらはどんよりとくもっている

雲と雲にひとすじのすきまがある

よわいひの光が
ちぎれた雲を
ところどころ照らしている

それも暗くなっていった

ぼくは部屋でお茶をのむ
きいろいあかりが支配する
あたたかく誰もいないへやで

ぼくたちの工場が
すきまからみえる

めをとじると
まぶたの裏か 脳のなかに
まばたきをして消える

ベッドにもぐると
ぼくの熱でくるまれる

つきたてのおもちのような
やわらかいきみの足で
くるまれたい

しらぬまに眠っていたのか

くらい空
黄色いあかりの部屋

あまおとがする
おもいまぶた
窓のそとはみぞれ

 


 
小森岳史
 
1970年京都府長岡京市生まれ。
1994年同人誌「テクスト」(1997年まで)。
2000年より詩の朗読イベント3K(カワグチタケシ、究極Q太郎と)。
同時期に「ポエトリーカレンダートーキョー」を創刊。
2007年よりカワグチタケシとTKレビュー。
http://shiomizaka.tumblr.com
http://www.trixisfactory.org/books/

 
▶ 今年いちばんの本
ライティング・マシーン―ウィリアム・S・バロウズ インスクリプト 旦敬介
(2010年の本だけど)

 
▶ この秋読みたい本
ファイアーウォール
ヘニング・マンケル 創元推理文庫

 

 

Double Takeshi Production Presents Poetry Reading Series vol.06

Thousandth Kitchen Revue
 
10月8日(月・祝)17:30 open / 18:00 start ¥1,000-
 

 

 
« ポエトリー・リーディング〈TKレビュー〉って?
 
〈TKレビュー〉にむけて 第二夜 豊原エス »