〈TKレビュー〉にむけて 第三夜 カワグチタケシ

 
星月夜     カワグチタケシ

 
草原をバトルフィールドに見立て
匍匐前進が一時間以上続いている
周囲から仲間たちの気配も薄まり
冷たい月と数えきれない星々の下

体重の半分近い装備を背負い
身長ほどの銃身を両腕で抱え
少女兵士はひとり
草を分けて進む

虫の声が大きくなり
葉のしずくが汚れた頬を濡らす
そして涙と夜露の境目が
わからなくなる頃

いずれの側でも捕虜たちは帰される
少数の行方不明者を除いて

 


 
カワグチタケシ
 
詩人。1965年千葉県生まれ。仔熊座。A型。
1980年代前半より詩作を始め、都内各地でリーディングを行う。
1998年より詩人佐藤わことプリシラ・レーベルを主宰。
2007年より詩人小森岳史とダブル・タケシ・プロダクションを主宰。
好きなくだものは梨、好きな花は金木犀、だから秋が好き。
好きな詩人は宮澤賢治、西脇順三郎、田村隆一、岸田衿子。
詩集『都市計画/楽園』『ユニバーサル・ボードウォーク』など。
http://kawaguchitakeshi.blogspot.com
https://twitter.com/rxf13553

 
▶今年いちばんの本
『東京メトロのひみつ』(PHP研究所)
 
▶この秋読みたい本
『よつばと!』12巻 あずまきよひこ(アスキー・メディアワークス)

 

 

Double Takeshi Production Presents Poetry Reading Series vol.06

Thousandth Kitchen Revue
 
10月8日(月・祝)17:30 open / 18:00 start ¥1,000-
 

 

 
« ポエトリー・リーディング〈TKレビュー〉って?
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第一夜 小森岳史
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第二夜 豊原エス
 
〈TKレビュー〉にむけて 第四夜 児玉あゆみ »