〈TKレビュー〉にむけて 第四夜 児玉あゆみ

 
初めて空をしった日   児玉あゆみ

 
いろいろ見すぎたのわたし
いえなかった言葉に
名前をつけて
そっとかえしてあげる
型にはまることが美であるなら
わたしはとっくに美しいの
それでも
型が見つからなかったから
もう
泣けなくなったの

救われたいと願った夜は
とても
きれいな夜でした
切り取った悲しみはそばで
靴を脱いで
あとは飛び降りるだけ
下のほうで声がきこえて
わたしは泣いた
靴をそっとしまって
もうわたし泣かないのと
たくさん傷ついたふりをする

つないだ手はあたたかいの

つないだ手はあたたかいの

 


 
児玉あゆみ
 
詩人。その場の空気を完全に支配してしまう程の驚異的なポエトリー
リーディングは、詩の枠を超えた新しいエンターテイメント。
その類稀な世界観は多くの人の心を掴んでやまない。
・文部科学省監修・詩のボクシング2005年関東本選優勝&全国大会ベスト8
・SSWS(シンジュク・スポークン・ワーズ・スラム)準優勝
・Prize Price the words in高田馬場Ben`sCafe優勝
詩集『nineteen』。
  
http://ameblo.jp/kodama-ayumi/

 
▶この秋&今年いちばんの本!
『根をもつこと、翼をもつこと』田口ランディ
『クレンズの魔法』田口ランディ
『ミュータント・メッセージ』マルロ・モーガン

 

 

Double Takeshi Production Presents Poetry Reading Series vol.06

Thousandth Kitchen Revue
 
10月8日(月・祝)17:30 open / 18:00 start ¥1,000-
 

 

 
« ポエトリー・リーディング〈TKレビュー〉って?
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第一夜 小森岳史
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第二夜 豊原エス
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第三夜 カワグチタケシ