今年のカタリココ

大竹昭子さんが毎回ゲストを迎え、トークと朗読を繰り広げる〈カタリココ〉。
今年の詳細が発表されています。→ 大竹昭子のカタリココ
パッと人目を惹くセンスのいいチラシは、大竹昭子さんの著書『ニューヨーク1980』『日和下駄とスニーカー―東京今昔凸凹散歩』『彼らが写真を手にした切実さを』『随時見学可』の装幀も手がけられている五十嵐哲夫さんのデザインです。
近くなりましたら改めて告知しますが、古書ほうろうは、9月12日、『火山のふもとで』で読売文学賞を受賞された松家仁之さんをお迎えすることになりました。(ご予約は8月12日開始となります)

 

「『火山のふもとで』からぼくが受け取ったものは、建築についての知識や考えだけでなく(それも素晴らしい贈り物でしたが)、建築について語ることとそれ を美しい言葉で書き連ねていくことは不可分なのだ、ということでした。そしてなにより、物語にひたっているときのあの心地よい時間の流れ! 建築好きの大 竹さんがこの小説をどう読み、松家さんからどのような話を引き出されるのか、とても楽しみにしています。」
(宮地健太郎)

 

松家 仁之(まついえ まさし)
1958 年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、1982年新潮社入社。「小説新潮」編集部在籍時に星野道夫の作品と出会い、増刊「マザー・ネイチャー ズ」を企画。「シンラ」編集部を経て、1998年「新潮クレスト・ブックス」創刊に携わる。2002年、雑誌「考える人」を創刊、編集長に就任。2006 年より「芸術新潮」編集長を兼務し、2010年6月退社。2012年に発表した小説『火山のふもとで』にて読売文学賞を受賞した。慶應義塾大学総合政策学 部特別招聘教授を現任。尊敬する編集者は小野二郎と塙嘉彦。