イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

津野海太郎『百歳までの読書術』刊行記念トーク〈老人読書〉入門 9月4日19時半

2015/09/04▶︎7:30 PM - 9:30 PM

¥1000

 

人生最後の季節に、ひとはどのように読書と向き合うのだろうか? 
名編集者にして読書の達人・津野海太郎さんの過激な老人読書の日々を、
『季刊・本とコンピュータ』時代をともにし、初老の入り口にいる南陀楼綾繁さんが聞いていきます。
企画:往来堂書店

 

『百歳までの読書術』  津野海太郎 著 本の雑誌社 1,700円+税 クリックするとweb本の雑誌ヘとびます。試し読み出来ます。

『百歳までの読書術』
津野海太郎 著 本の雑誌社 1,700円+税
クリックするとweb本の雑誌ヘとびます。試し読み出来ます。

出演    津野海太郎 / 聞き手 南陀楼綾繁

日時    2015年09月04日(金)19時開場/19時半開演

会場    古書ほうろう 文京区千駄木3-25-5 https://horo.bz/access/

入場料     1,000円

 

満員御礼 当日券はございません

ご予約    ▶ 古書ほうろう

        03(3824)3388 horo(★)yanesen.net (★⇒@)

       ▶ 千駄木往来堂書店

        03(5685)0807 maido(★)ohraido.com (★⇒@)

       件名「9/4 津野トーク」

         (お名前、人数、当日ご連絡できる電話番号をお書き添えください)

        プロフィール下のフォームからもお申込みいただけます。

 

津野海太郎(つのかいたろう)
1938年福岡県生まれ。
早稲田大学卒業後、劇団「黒テント」で演出家として活動する一方、晶文社の編集責任者
として植草甚一やブローティガンなど若者文化の一翼を担う書物を世に送り出す。のち
「季刊・本とコンピュータ」編集長、和光大学教授をつとめる。
著書に『花森安治伝 日本の暮しをかえた男』、『したくないことはしない 植草甚一の
青春』、『電子本をバカにするなかれ 書物史の第三の革命』などがある。

 

南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年島根県生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院修士課程修了。
古本、新刊、ミニコミなど、本に関することならなんでも追いかける。
1997年から2005年まで編集スタッフとして「本とコンピュータ」編集室に在籍。
谷中・根津・千駄木で一箱古本市を開催する「不忍ブックストリート」代表。
「一箱本送り隊」呼びかけ人。
近著に『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)、『小説検定』(新潮社)がある。

 

お申し込みフォームにご記入後、いちばん下の送信ボタンをクリックしてください。
自動返信は設定しておりませんので、直ぐにご返信出来ない場合もございますが、2日以上ご連絡のない場合はお手数ですがお問い合わせください。


詳細

日付:
2015/09/04
時間:
7:30 PM - 9:30 PM
費用:
¥1000
イベントカテゴリー:
ウェブサイト:
http://ohraido-oshirase.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html

会場

古書ほうろう(千駄木は閉店し2019年5月末に池之端へ移転しました。)
千駄木3-25−5 古書ほうろう
文京区, 東京都 113-0022
+ Google マップ
電話:
03-3824-3388
ウェブサイト:
http://horo.bz/

開催者

千駄木往来堂書店
電話:
03 5685 0807
メールアドレス:
maido@ohraido.com
ウェブサイト:
http://www.ohraido.com/