タグ別アーカイブ: ライブ

表現(Hyogen) &白石かずこ 誕生日を祝う 2月28日(金)19:30

大好きなバンド・表現(Hyogen) のライブを、2年ぶりに開催します。駒込大観音の「ほおずき千成り市」をはじめ、この町ではもうすっかりお馴染みの彼らの、待望のアルバム『琥珀の島』の発売記念です。「新しいCDができたら、またぜひここで」という思いがようやく叶うわけですが、それだけにとどまらず、今回は詩人の白石かずこさんもお迎えすることになりました! ここ最近、彼らとの共演を重ねているかずこさんは、前日の2月27日が83歳の誕生日。長年に渡るエピソードを伺いながら、和気あいあいとお祝いをできればと思っています。みなさんのご来場、お待ちしてます!

日にち 2月28日(金)
時間  19時開場/19時30分開演
会場  古書ほうろう

出演  白石かずこ(ポエトリーリーディング)
    表現(Hyogen)
 権頭真由(アコーディオン/ 歌) 佐藤公哉(ヴァイオリン/ 歌) 古川麦 (ギター/ 歌) 園田空也(コントラバス/ 歌)

入場料 2500円(予約・当日とも)
      *終演後はお祝いのパーティーを。飲食もちより歓迎!/三軒隣に酒屋あり 空き缶などのお持ち帰りにご協力ください。

定員  50名
*ご予約はお電話かメールで、古書ほうろうまで
Tel: 03-3824-3388
ご予約の際の件名は「2/28 表現(Hyogen)&白石かずこ」で。
(お名前、人数、当日ご連絡できる電話番号をお書き添えください)

下のフォームからも直接お申し込みいただけます。

冬の千駄木で、しみじみとカニコーセンを聴く会 2月23日(日)18:00

ちくわ朋彦さんから「加古川のカニコーセンが東京に来るんですけど、ライブやらせてもらえませんか?」というお電話をいただいたのは10日ほど前のこと。その瞬間まで存在さえ知らなかったのに、CDを聴いてみるとこれがなんとも好みで、トントン拍子に開催が決まりました。帯に「播州汚泥フォーク」と書かれたそのアルバムのタイトルは『Everyday people』。言わずと知れたスライ&ザ・ファミリー・ストーンの名曲ですが、そのカバーに乗っかる日本語の詞がまさに汚泥(笑)。「カントリーマーム経済」「自転車操業のうた」といったオリジナル曲とも相まって、独特の世界が展開されています。

企画をしてくれたちくわ朋彦さんとは、「吉上恭太のサウダージな夜」にゲスト出演してくださったとき以来のお付き合いですが、こういうかたちでライブをやるのは今回が初めて。腹の底からずどんと出てくる彼の歌をまた聴けるのも、とても楽しみです。

古本屋の営業もしながらの投げ銭制のライブです。ぜひお気軽にお立ち寄りください!

日時  2月23日(日)18時開演

料金  投げ銭制(飲み物持ち込み可/三軒隣に酒屋あり)
*ゴミのお持ち帰りにご協力ください。

出演  カニコーセン(from 加古川)、ちくわ朋彦と宮永遼平、メヒカブレスタンダード

よしいいくえモビールワークショップと一日個展 2014年2月7日(金)


よしいいくえさんのワークショップと一日個展を開催します!

ワークショップのあとは、モビールやおいしいお菓子の販売、夜は、モビールの揺れる店内で、やないけいさんの投げ銭ライブも予定しています。よしいさんのことを歌った「モビール作家のうた」も披露してくださるそうですよ♪
この日は、よしいさんが一日中居てくださいますので、ワークショップに来られない方もお気軽にお運びください。
(右の画像は出来上がりの一例です。いろいろな組み合わせに挑戦してみてください!)

よしいいくえ(モビール作家)
http://yoshiiikue.com/
福岡県北九州市出身。
小さくてかわいい「i.mobile」や、その日のできごとや気持ちをテーマに「一日一モビ」と称してモビールを製作。
著書に『モビールでつづる365日』(誠文堂新光社)
当店でのワークショップは3回目になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よしいいくえモビールワークショップと一日個展

2014年2月7日(金)

 ■ 13時〜 ワークショップ(2時間くらい)

    * 珈琲カップなどのモチーフをご用意しますので、
     お好きなモチーフや色をお選びいただき、組み合わせて、
     お部屋に飾れるオリジナルのモビールを作ります *

    [参加費]2,000円
    [定員] 7名(要予約)
         horo(at)yanesen.net宛
         メール件名「2/7 よしいいくえws」
         お名前/人数/お電話番号をお書き添えください。

 ■ 15時頃〜 モビール販売
     よしいさんおすすめ!北九州〈工房日々く〉さんの
     滋養のある素材をつかったお菓子も販売予定。
     http://koubouhibiku.web.wox.cc/

 ■ 19時〜 やないけい 投げ銭ライブ
     お飲み物持込み可(ゴミのお持ち帰りのご協力ください。)

やないけい
http://hibiku77keijiban.cocolog-nifty.com/
北九州出身。福岡を中心にギターとハーモニカのスタイルで、音楽活動をされています。〈工房日々く〉の方でもあり、様々なモノ作りもされてます。
    

大渕愛子&井上智史 アイリッシュ・フィドル・デュオ・ライブ 1月13日(月祝) 13時〜15時

 東京を中心に活動する大渕愛子さんと、ダブリン滞在を経てふだんは関西で演奏する井上智史さん。古書ほうろう新年最初のライブは、二人のアイリッシュ・フィドル奏者による共演です。

 大渕愛子さんのフィドルを初めて聴いたのは、2012年に当店で開催した『ギネスの哲学』刊行記念イベントでのこと。ギターの下田理さんが客席の大渕さんをステージに呼び、急遽飛び入りで弾いてくださったのですが、その凛々しい姿に「かっこいい人だなあ」と思ったことを憶えています。
 そして本当にファンになったのはそれから一年後、団子坂を脇に入った「檸檬の実」での仰木亮彦さんとのデュオでした。仰木さんの唄に寄り添うように奏でられるフィドル。ソロの際の溢れんばかりの歌心。音楽そのものといったその姿は、自ら唄うときも、あるいはコンサーティーナを弾くときも変わらず、すっかり魅了されたのでした。

「またいつかうちの店でも」というぼくの気持ちが届いたのでしょうか? ひと月ほど前、大渕さんから打診があり、今回のライブが決まりました。京都からいらっしゃる共演の井上さんは、アイルランドで腕を磨いた方。大渕さんによると古本好きでもあるそうで、ここで弾いてもらえることをとてもうれしく思います。
 
 休日の午後、早い時間の、投げ銭制のライブです。お出かけ前に、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

   日にち 1月13日(月祝)
   時間  13時〜15時
   会場  古書ほうろう

   出演  大渕愛子(フィドル)
       井上智史(フィドル)

   入場料 投げ銭制
       *飲み物持ち込み可/三軒隣に酒屋あり
        空き缶などのお持ち帰りにご協力ください。