〈TKレビュー〉にむけて 第二夜 豊原エス

 
別離鳥

 
 手に取らなかった物の為に
 選ばなかった人の為に
 お前はどう生きる
 
 そんな鳴き声の鳥がいて
 その鳥はつがいを作らず
 卵も産まない

 なのに最近
 徐々に個体数が
 増えてきているそうだ

 その問いに答える鳥は
 まだ確認されていない

 


 
豊原エス
 
京都在住の詩人。
詩集制作のほか、展覧会・朗読ライブ・詩のワークショップ等を行う。
京都自由学校での詩の講座は2012年で8年目。
詩集としての作品には「セルフへルプ」「漂流詩」「あとからわかること」「暗闇と僕。」がある。
絵描きの足田メロウとの共著に「うた」「ホイッスル」「歌いながら生きていく」「空を見上げる」「旅することば」「嘘をつけばよかった」、写真家の石川文子との共著に「水の鳥」がある。
スライドと朗読と音楽のユニット「水窓(すいそう)」では石川文子と活動を共にしている。
 
▶今年いちばんの本
古本屋さんで買ったサトウサンペイ「ドタンバのマナー」
 
▶この秋読みたい本
今さらかもですが河合隼雄さんの本をたくさん読みたいです。
「明恵 夢を生きる」等々。

 

 

Double Takeshi Production Presents Poetry Reading Series vol.06

Thousandth Kitchen Revue
 
10月8日(月・祝)17:30 open / 18:00 start ¥1,000-
 

 

 
« ポエトリー・リーディング〈TKレビュー〉って?
 
« 〈TKレビュー〉にむけて 第一夜 小森岳史
 
〈TKレビュー〉にむけて 第三夜 カワグチタケシ »