カテゴリー別アーカイブ: トピックス

古書ほうろう、移転のお知らせ

1998年の開店以来、この町の本好きのみなさんに支えられ、千駄木・道灌山下にて営業してきましたが、来る4月上旬、台東区池之端に移転することになりました。

直接の原因は家賃の大幅値上げ(10万円アップ)です。思い入れあるこの場所を離れるわけですから本当に悩みましたが、さすがにこの条件ではいかんともしがたく、また、通告を受けた直後に「ここなら!」と思える物件と出会えたこともあり、これも縁だと決断しました。

移転先は、不忍ブックストリートをひたすら南へ、タナカホンヤさんのも少し先の裏通り。眼の前は東京大学池之端門、すぐ先の角を曲がると不忍池、というロケーションです。店の広さは現在のほぼ半分になりますが、雑多な品揃えと居心地はそのままに、ライブやトーク、上映会などのイベントも、これまで通り開催していく予定です(ピアノも持っていきます)。また、喫茶スペースを設け、ミカコが焙煎したコーヒーも飲んでいただけるようになります。

決断した当初は、やはり寂しさが先に立ちました。けれど、夫婦ともども50歳を超え、とくにここ数年は、今後どのように働いていくのかを日々考えてきたわけで、であるならば、これこそがまたとない突破口なのではと、じわじわ気持ちが上向いてきました。告知のうえでは「移転」ですが、「新しい店を始める」という気持ちが強いです。

新たに厨房ができ、さらに、バックヤードがほぼなくなるため、二人それぞれに、仕事のやり方を大きく変える必要があります。並べられる本の量は減りますが、入れ替えにメリハリをつけ、今の店のアバウトな部分も残せるよう、試行錯誤してみるつもりです。買い取りもこれまで通り大歓迎です。出張もいたしますので、お気軽にご相談ください。

といった次第で、無駄に広くて少々ゆるい古書ほうろうは、あと一ヶ月ほどで姿を消します。2月9日(土) からは、感謝の気持ちを込めて、古本全品3割引のセールも行います。また、さよなら企画として、秘蔵の写真集『SENDAGI』(1975年私家版/撮影:Elisabeth Powers)の展示も同時開催いたします。見納めに足を運んでいただけたら、うれしいです。

【今後のスケジュール】( 2/14更新 今後も変更の可能性あり)

2月9日(土)〜 3月3日(日) 古本全品3割引きセール
 店頭販売のみ 中古CD、レコード、DVDなど、古物はすべて対象です
 2/19(火) 20(水) 26(火) 27(水) は休業

 *同時開催 「千駄木 1975」展

2月28日(木)  吉上恭太のサウダージな夜 第62回

3月4日(月)〜 4月5日(金) 移転作業のため休業

 *この期間終盤に、最後の大放出市をするかも(できないかも)

4月6日(土) 新店舗オープン(目標)

ガラス陳列ケースを買ってくださる方求ム!

ガラスの陳列ケース 5,000円

店で使っていたショーケースです。
写真で見づらいですが、4本脚が付いています。

・幅910mm/奥行455/高さ1495(うち脚の高さ220)

・前面引き違い戸(少し引っ掛かりを感じることはありました。)

・ガラス棚板3枚つき 高さ調節可(問題なく使えていましたが、サイズが微妙に違います。)

・蛍光灯点灯します。(古いので自己責任で。)

・できれば3月末までに、自力で養生の上、お引き取り頂ける方に限らせていただきます。
運ぶのに最低二人必要です。
(赤帽さんをご紹介することはできます。)

kosho★★★★★gmail.com(★★★★★→horo@)宛にメールか、
03 3824 3388(13~0時ごろ)までお電話ください。

すみません、なぜか写真がアップできなかったので、画像はツイッターで御確認ください。

【急募!!】テーブルの買い手を探しています!終了しました。

おかげさまで、全アイテムのお引き取りくださる方が見つかりました。ありがとうございました。

残すところテーブルのみとなりました。どなたか要りませんか〜?

2/17 2/24(日)までに、自力で台東区池之端からお持ち帰りできる方限定
・申しわけありませんが、まとめ買いの方優先(少しサービスいたします)とさせてください。

お引取りの日時はご相談させてください。

***************

ニトリ LDテーブル リラックス(160)
5,000円 1台のみ
サイズ(約): 巾160×奥行90×高さ65cm

アイテム詳細ページ⇒ リンク先のカラーより白っぽい印象です。脚は白です。
現在、運びやすいように、天板と脚を分解してありますが、六角レンチで組み立てられます。

 

NORDMYRA ノールドミーラ 2脚で2000円
スタッキング可
アイテム詳細ページ⇒

 

ニトリ 2Pチェア(2Pチェア リラックス WHウォッシュ)
1台5000 1台のみ ありがとうございます。受付終了いたしました。
幅122×奥行64.5×高さ69.5cm
アイテム詳細ページ⇒

 

ニトリ ダイニングベンチ(ナッツ)
1台3,000円 ありがとうございます。受付終了いたしました。
幅97×奥行33×高さ40cm
アイテム詳細ページ⇒

古書ほうろう賞「よもよもだらぞ」さんの一箱古本市はじまりました。

yomoyomodarazo
 

毎年一箱古本市で進呈している古書ほうろう賞。副賞として1ヶ月間、箱をマージンなしでほうろうに置く権利か、2000円分のお買い物券のいずれかを選んでいただいているのですが、うれしいことに、みなさん一箱出してくださり、恒例となっています。
今年はほうろう前に出店されていた「よもよもだらぞ(読も読もだら蔵)」さんです。

一箱古本市当日「よもよもだらぞ」さんにまっさきに注目したのは、まだ箱を並べる前の集合時間のこと。Tシャツの胸にプリントされた『Pet Sounds』のロゴに、「この人の箱は素晴らしいに違いない!」と確信しましたが、実際箱をのぞいてみると「おお、やっぱり!」。コシミハル、大友良英、森雅之、アサイラム・レコードという並びにノックアウトされました。なかでもコシミハルのCDブック『心臓の上』は、ぼくにとって大切な一冊で、賞の決め手となりました。

というわけで6月20日から始まった「よもよもだらぞ」さんの一箱古本市、今回も音楽好きにはたまらないラインナップです。なにしろお値打ちなので、すでに売れてしまった本もありますが、まだまだ面白いものもたっぷり。どうぞお早めに!(箱がスカスカになったら、追加の可能性もあるそうです!)

最後に、「よもよもだらぞ」という屋号の由来を、一箱古本市のプロフィール欄より引用します。

 音楽が好きです。読む本も、自然と音楽関係のものが多くなります。ぼくが好きな音楽や、ミュージシャンにまつわる本などを出品したいと思っています。屋号は、「よくもまあバカなことを」という意味の出雲弁からとりました。大好きな松江在住のミュージシャン、浜田真理子さんが出演しているローカル番組名でもあります。箱を見た方に、「こんな本を並べて、おまえは、よもよもだらぞ」と感じていただければ本望です。

よしいいくえモビールワークショップと一日個展 2014年2月7日(金)


よしいいくえさんのワークショップと一日個展を開催します!

ワークショップのあとは、モビールやおいしいお菓子の販売、夜は、モビールの揺れる店内で、やないけいさんの投げ銭ライブも予定しています。よしいさんのことを歌った「モビール作家のうた」も披露してくださるそうですよ♪
この日は、よしいさんが一日中居てくださいますので、ワークショップに来られない方もお気軽にお運びください。
(右の画像は出来上がりの一例です。いろいろな組み合わせに挑戦してみてください!)

よしいいくえ(モビール作家)
http://yoshiiikue.com/
福岡県北九州市出身。
小さくてかわいい「i.mobile」や、その日のできごとや気持ちをテーマに「一日一モビ」と称してモビールを製作。
著書に『モビールでつづる365日』(誠文堂新光社)
当店でのワークショップは3回目になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よしいいくえモビールワークショップと一日個展

2014年2月7日(金)

 ■ 13時〜 ワークショップ(2時間くらい)

    * 珈琲カップなどのモチーフをご用意しますので、
     お好きなモチーフや色をお選びいただき、組み合わせて、
     お部屋に飾れるオリジナルのモビールを作ります *

    [参加費]2,000円
    [定員] 7名(要予約)
         horo(at)yanesen.net宛
         メール件名「2/7 よしいいくえws」
         お名前/人数/お電話番号をお書き添えください。

 ■ 15時頃〜 モビール販売
     よしいさんおすすめ!北九州〈工房日々く〉さんの
     滋養のある素材をつかったお菓子も販売予定。
     http://koubouhibiku.web.wox.cc/

 ■ 19時〜 やないけい 投げ銭ライブ
     お飲み物持込み可(ゴミのお持ち帰りのご協力ください。)

やないけい
http://hibiku77keijiban.cocolog-nifty.com/
北九州出身。福岡を中心にギターとハーモニカのスタイルで、音楽活動をされています。〈工房日々く〉の方でもあり、様々なモノ作りもされてます。
    

大渕愛子&井上智史 アイリッシュ・フィドル・デュオ・ライブ 1月13日(月祝) 13時〜15時

 東京を中心に活動する大渕愛子さんと、ダブリン滞在を経てふだんは関西で演奏する井上智史さん。古書ほうろう新年最初のライブは、二人のアイリッシュ・フィドル奏者による共演です。

 大渕愛子さんのフィドルを初めて聴いたのは、2012年に当店で開催した『ギネスの哲学』刊行記念イベントでのこと。ギターの下田理さんが客席の大渕さんをステージに呼び、急遽飛び入りで弾いてくださったのですが、その凛々しい姿に「かっこいい人だなあ」と思ったことを憶えています。
 そして本当にファンになったのはそれから一年後、団子坂を脇に入った「檸檬の実」での仰木亮彦さんとのデュオでした。仰木さんの唄に寄り添うように奏でられるフィドル。ソロの際の溢れんばかりの歌心。音楽そのものといったその姿は、自ら唄うときも、あるいはコンサーティーナを弾くときも変わらず、すっかり魅了されたのでした。

「またいつかうちの店でも」というぼくの気持ちが届いたのでしょうか? ひと月ほど前、大渕さんから打診があり、今回のライブが決まりました。京都からいらっしゃる共演の井上さんは、アイルランドで腕を磨いた方。大渕さんによると古本好きでもあるそうで、ここで弾いてもらえることをとてもうれしく思います。
 
 休日の午後、早い時間の、投げ銭制のライブです。お出かけ前に、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

   日にち 1月13日(月祝)
   時間  13時〜15時
   会場  古書ほうろう

   出演  大渕愛子(フィドル)
       井上智史(フィドル)

   入場料 投げ銭制
       *飲み物持ち込み可/三軒隣に酒屋あり
        空き缶などのお持ち帰りにご協力ください。

千駄木山道灌山ハテ狩りウォーク+音のサイハテトーク 中里和人 中野純 1月12日(日) 16時

1544986_706254519399536_536198686_n

2012年の発足以来、あちこちで話題を呼んでいる「サイハテ学会」のイベントが、いよいよ千駄木にもやってきます。今回のテーマは「キキハテ」(音のサイハテ)。この町に潜むハテの音を探しに、ぜひ奮ってご参加ください。

日にち 2014年1月12日(日)

時間  16:00 古書ほうろう集合 アクセス⇒
16:15〜18:00 千駄木山道灌山ハテ狩りウォーク
18:15〜19:30 音のサイハテトーク(古書ほうろうにて)

案内役 中里和人
中野純
@_NakanoJun_

参加費 1500円(定員25名/要予約)

*ご予約は、お電話かメールで、古書ほうろうまで
03-3824-3388
E-mail:horo●yanesen.net
●を@にかえてください。
ご予約の際の件名は「1/12 キキハテ」で。
(お名前、人数、当日ご連絡できる電話番号をお書き添えください)