清水あすか」タグアーカイブ

清水あすか『空の広場』(カラノヒロバ)と詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』

スライドショーには JavaScript が必要です。

八丈島に住む詩人、清水あすかさんから年に3回届く絵と詩によるペーパー「空の広場」
蛇腹折りになったB4版を開くと、むわっと、紙のサイズを超越した島の湿度が、生命力を伴って立ち籠めます。

清水さんに許可を戴き店にある20〜30号を1冊ずつ、詩の冒頭一部を添えてツイッターでご紹介させていただきました。発行は、すべて南海タイムス社さんです。

これまで店頭販売のみでしたが、この機にしばらくの間、詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』(発行 南海タイムス社)とともに、通販も対応させていただこうと思います。

送料など詳細は、ページ下方の【通販のご案内】をご覧ください。
ご注文フォームは、一番下にございます。

 

30号 雨で色ます見えている風景のさめざめ。


2020年3月発行

雨で色ます見えている風景のさめざめ。

わたしは小さい傘のてっぺんに、小さい長ぐつのかかとに、ぬれちゃうぬれちゃう言うけれど、自分は雨にいたくて走りもしないでぬれている。

ここはお墓だからなにも、さわらないで、そのままにしてずっと、置いておいてね。むしろ家が言った。

 

29号 夜だよ、もう夜だ、でておいで。


2019年11月発行

夜だよ、もう夜だ、でておいで。

見てしまうから閉じてくれとたのんでも閉じないまぶたを上から押さえつける下にわかる目のやわらかさは手が先におどろいて離れてしまう、
ならばせめて気持ちの中だけでも目を捨てたことにするのをがまんできない。

 

28号 見ろよ声はくりかえしくりかえしているよ。


2019年7月発行

見ろよ声はくりかえしくりかえしているよ。

夕方突っ立つアスファルトから見える山じゅうセミの声は上から下線を描いている。
声は知っている、わたしの生まれる前、山からは何が見えてたか。わたしがいない道路にも夏のごと、線を下ろしていたから。

 

27号 集めて集めまた入りきらないのが夜。


2019年3月発行

集めて集めまた入りきらないのが夜。

夕方が間に合わない足を引きずり夜へ行く山おびただしい木と木の根もと黒だまりでは
うぶ声といっていい声がしてるんだけど
知っている音にない声なので気づいたつもり、かたつむりが這っているとか
枯葉の一枚がいま割れたと言っておさめているのだ。

 

26号 波、知らぬ波、生きもの。


2018年12月発行

波、知らぬ波、生きもの。

待つ、とは自分が「動く」を取れないのだから、時間を
まわりに頼らなくてはいけない。
波のすじやテトラポット、バス停台コンクリート、座り込んでる床の木目に自分を組み込んで、
風景が代わって経たせてくれるよう託さなくてはいけない。

 

25号 ごらん、また耳ぎわが夜に入る。


2018年7月発行

ごらん、また耳ぎわが夜に入る。

ひとりの耳、うしろにできる夜は
今がどこか知ろうにも暗い
ひとりが持つにはあんまりに長い
耳のきわの影が作るまるい夜の池

 

24号 名を付く前に。


2018年3月発行

名を付く前に。

ひとりの次の単位として
ふたり。性別や組み合わせはどのようであってもよい。
ひとりは常におどろいた顔をしていた。おどろくことが仕事であった。ひとりはいつもうなずいていた。
脚立の三角に入って遊んだ。

 

23号 わたしはこわいこわい、


2017年12月発行

わたしはこわいこわい、

今外見はぬれた段ボールくらいたわむ材料のわたしはひたすらこわいこわいでできている、身体たわむたわむ、歩くのはこわいを掻くこと、息を吸うのはこわいを細く吸い上げることでいる。

 

22号 獣鳴る。(けもなる)


2017年7月発行

獣鳴る。(けもなる)

夜の山で鳴る音が音が
形をとるならばやわら
かい肉をしていて
食べる音は食べられる
音の内もも浮いてくる
筋肉見惚れなぞるすぐ、
違いは交代する。

 

21号 ぬれてるのも知らない。


2017年3月発行

ぬれてるのも知らない。

夕方灰がかった景色がぬれていく吸う鼻にこまか雨粒、が吸う息も何千もの雨粒、雨のにおいする。

 

20号 人差指縦一本線夜、横一本線土。


2016年12月発行

人差指縦一本線夜、横一本線土。

夕方から夜になる山はあまりに静かが過ぎて心ぼそいのがそのうち自分以外の生きものでうねる空気その練りの層がわかると小さな音でも刺さり身体にはじけて痛いほど。

 

詩集 腕を前に輪にして中を見てごらん。


表紙装画 清水あすか
装丁 清水あすか・南海タイムス社
発行 2016年 南海タイムス社
公式ページ http://shimizuasuka.web.fc2.com/shishu/udewomaeni/udewomaeni.html

 

【通販のご案内】

⬛︎ 詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』 1冊 税込1,980円 1冊からご注文を承ります。
送料は、200円です。
(クリックポスト/追跡可/郵便受け投函/『空の広場』同梱の場合も、送料は200円です。)

⬛︎ ペーパー『空の広場』は、1冊 税込220円 「空の広場」のみのご注文は4冊以上でお願いします。
送料は、4〜8冊まで140円(定形外郵便)でお送りできます。
9冊以上は、200円です。(クリックポスト)

 

【清水あすか「空の広場」「腕を前に輪にして中を見てごらん。」ご注文フォーム】

ご希望の号数にだけ部数チェックを入れてください。(「空の広場」のみのご注文は、4冊以上でお願いします。)
自動返信は設定しておりませんので、ご返信に少しお時間をいただきます。36時間以上経過してもご返信がない場合は、お手数ですが、koshohoroアットマークgmail.comまでご連絡ください。

本日の品出し 2017年08月24日(木)

タイトル 著者 出版社 税抜き価格 状態、他
新刊
石巻学 Vol.3

特集 牡鹿とクジラ 荒蝦夷 1,500 2017年8月
新刊
埴原一亟 古本小説集

埴原一亟 著
(はにはらいちじょう)
山本善行 撰
夏葉社 2,200 2017年8月
夏葉社の本ほぼ揃っています。
新刊
ぐらもくらぶシリーズ③
エロ・エロ東京娘百景
ワイド復刻版 解説付

壱岐はる子 著
毛利眞人 監修
えにし書房 2,500 2017年 8月
ぐらもくらぶシリーズ②
小針侑起 著
あゝ浅草オペラ』もございます。
新譜
あじあに乗りて
〜歌と満州〜

監修・解説 辻田真佐憲
復刻 保利透
ぐらもくらぶ 2,200 2017年7月
ぐらもくらぶCD各種ございます。
新譜
兵隊さんの汽車
幻の戦時童話

監修・解説 辻田真佐憲
復刻 保利透
ぐらもくらぶ 2,200 2017年7月
新刊
てくり 第24号

特集 マメなはなし。
または、珈琲豆と枝豆と。
まちの編集室 600 2107年8月
バックナンバーもございます。
新刊
ゆる江戸 VOL.2
特集 グルメ 大和堂 600 2017年7月
創刊号もございます。
新刊
空の広場
カラノヒロバ

清水あすか 南海タイムス社 185 2017年7月
バックナンバーもございます。

本日の品出し 2017年02月13日(月)

タイトル 著者 出版社 税抜き価格 状態、他
新刊
てくり 23号
くま、ひと、うま。
モリオカ動物事情


まちの編集室 600 2017年2月
新刊
オバケダイガク 2月号

編集 北野留美 オバケダイガク 200 2017年2月
税込200円です。
バックナンバーの扱いもございます。
新刊
「もうろく帖」後篇

鶴見俊輔 編集グループSURE 2,700 2017年2月
そのほかSUREの本は幅広く取り揃えております。
新刊
鶴見俊輔さんの仕事②
兵士の人権を守る活動

高橋幸子
三室 勇
那須耕介
黒川 創
編集グループSURE 1,500 2017年1月
鶴見俊輔さんの仕事① ハンセン病に向きあっても販売中です。
新刊
沖縄シマで音楽映画
『島々清しゃ』ができるまで


磯田健一郎 編集室屋上 1,600 2017年1月
装丁 平野甲賀
本文デザイン 長田年伸
写真 磯田健一郎
新刊
山田太一セレクション
早春スケッチブック


山田太一 里山社 1,800 2016年12月
装幀 町田覚
本文組版 浅田農(マッチアンドカンパニー)
新刊
山田太一セレクション
想い出づくり


山田太一 里山社 2,000 2016年12月
装幀 町田覚
本文組版 浅田農(マッチアンドカンパニー)
新刊
山田太一セレクション
男たちの旅路


山田太一 里山社 2,000 2017年1月
装幀 町田覚
本文組版 浅田農(マッチアンドカンパニー)
新刊
腕を前に輪にして中を見てごらん。

清水あすか 南海タイムス社 1,800 2016年10月
表紙装画 清水あすか
装丁 清水あすか 南海タイムス社
新刊
田端抄

矢部登 2,000 2016年2月
限定508部
題字・本文組デザイン 著者
装本 龜鳴屋
新刊
をみなごのための室生家の料理集

室生洲々子 龜鳴屋 1,000 2016年6月
絵 武藤良子
表紙題字 室生犀星+室生洲々子
蔵本設計 龜鳴屋
著者署名本3冊あり