アナクロな通販」カテゴリーアーカイブ

清水あすか『空の広場』(カラノヒロバ)と詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』

スライドショーには JavaScript が必要です。

八丈島に住む詩人、清水あすかさんから年に3回届く絵と詩によるペーパー「空の広場」
蛇腹折りになったB4版を開くと、むわっと、紙のサイズを超越した島の湿度が、生命力を伴って立ち籠めます。

清水さんに許可を戴き店にある20〜30号を1冊ずつ、詩の冒頭一部を添えてツイッターでご紹介させていただきました。発行は、すべて南海タイムス社さんです。

これまで店頭販売のみでしたが、この機にしばらくの間、詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』(発行 南海タイムス社)とともに、通販も対応させていただこうと思います。

送料など詳細は、ページ下方の【通販のご案内】をご覧ください。
ご注文フォームは、一番下にございます。

 

30号 雨で色ます見えている風景のさめざめ。


2020年3月発行

雨で色ます見えている風景のさめざめ。

わたしは小さい傘のてっぺんに、小さい長ぐつのかかとに、ぬれちゃうぬれちゃう言うけれど、自分は雨にいたくて走りもしないでぬれている。

ここはお墓だからなにも、さわらないで、そのままにしてずっと、置いておいてね。むしろ家が言った。

 

29号 夜だよ、もう夜だ、でておいで。


2019年11月発行

夜だよ、もう夜だ、でておいで。

見てしまうから閉じてくれとたのんでも閉じないまぶたを上から押さえつける下にわかる目のやわらかさは手が先におどろいて離れてしまう、
ならばせめて気持ちの中だけでも目を捨てたことにするのをがまんできない。

 

28号 見ろよ声はくりかえしくりかえしているよ。


2019年7月発行

見ろよ声はくりかえしくりかえしているよ。

夕方突っ立つアスファルトから見える山じゅうセミの声は上から下線を描いている。
声は知っている、わたしの生まれる前、山からは何が見えてたか。わたしがいない道路にも夏のごと、線を下ろしていたから。

 

27号 集めて集めまた入りきらないのが夜。


2019年3月発行

集めて集めまた入りきらないのが夜。

夕方が間に合わない足を引きずり夜へ行く山おびただしい木と木の根もと黒だまりでは
うぶ声といっていい声がしてるんだけど
知っている音にない声なので気づいたつもり、かたつむりが這っているとか
枯葉の一枚がいま割れたと言っておさめているのだ。

 

26号 波、知らぬ波、生きもの。


2018年12月発行

波、知らぬ波、生きもの。

待つ、とは自分が「動く」を取れないのだから、時間を
まわりに頼らなくてはいけない。
波のすじやテトラポット、バス停台コンクリート、座り込んでる床の木目に自分を組み込んで、
風景が代わって経たせてくれるよう託さなくてはいけない。

 

25号 ごらん、また耳ぎわが夜に入る。


2018年7月発行

ごらん、また耳ぎわが夜に入る。

ひとりの耳、うしろにできる夜は
今がどこか知ろうにも暗い
ひとりが持つにはあんまりに長い
耳のきわの影が作るまるい夜の池

 

24号 名を付く前に。


2018年3月発行

名を付く前に。

ひとりの次の単位として
ふたり。性別や組み合わせはどのようであってもよい。
ひとりは常におどろいた顔をしていた。おどろくことが仕事であった。ひとりはいつもうなずいていた。
脚立の三角に入って遊んだ。

 

23号 わたしはこわいこわい、


2017年12月発行

わたしはこわいこわい、

今外見はぬれた段ボールくらいたわむ材料のわたしはひたすらこわいこわいでできている、身体たわむたわむ、歩くのはこわいを掻くこと、息を吸うのはこわいを細く吸い上げることでいる。

 

22号 獣鳴る。(けもなる)


2017年7月発行

獣鳴る。(けもなる)

夜の山で鳴る音が音が
形をとるならばやわら
かい肉をしていて
食べる音は食べられる
音の内もも浮いてくる
筋肉見惚れなぞるすぐ、
違いは交代する。

 

21号 ぬれてるのも知らない。


2017年3月発行

ぬれてるのも知らない。

夕方灰がかった景色がぬれていく吸う鼻にこまか雨粒、が吸う息も何千もの雨粒、雨のにおいする。

 

20号 人差指縦一本線夜、横一本線土。


2016年12月発行

人差指縦一本線夜、横一本線土。

夕方から夜になる山はあまりに静かが過ぎて心ぼそいのがそのうち自分以外の生きものでうねる空気その練りの層がわかると小さな音でも刺さり身体にはじけて痛いほど。

 

詩集 腕を前に輪にして中を見てごらん。


表紙装画 清水あすか
装丁 清水あすか・南海タイムス社
発行 2016年 南海タイムス社
公式ページ http://shimizuasuka.web.fc2.com/shishu/udewomaeni/udewomaeni.html

 

【通販のご案内】

⬛︎ 詩集『腕を前に輪にして中を見てごらん。』 1冊 税込1,980円 1冊からご注文を承ります。
送料は、200円です。
(クリックポスト/追跡可/郵便受け投函/『空の広場』同梱の場合も、送料は200円です。)

⬛︎ ペーパー『空の広場』は、1冊 税込220円 「空の広場」のみのご注文は4冊以上でお願いします。
送料は、4〜8冊まで140円(定形外郵便)でお送りできます。
9冊以上は、200円です。(クリックポスト)

 

【清水あすか「空の広場」「腕を前に輪にして中を見てごらん。」ご注文フォーム】

ご希望の号数にだけ部数チェックを入れてください。(「空の広場」のみのご注文は、4冊以上でお願いします。)
自動返信は設定しておりませんので、ご返信に少しお時間をいただきます。36時間以上経過してもご返信がない場合は、お手数ですが、koshohoroアットマークgmail.comまでご連絡ください。

Hygge(ヒュッゲ)あたみらへん

東京はまだですが緊急事態が少しずつ解除されるようです。
でも、ウイルスが消えたわけではないのでもうしばらく「おでかけ」は控え、そのぶん妄想を膨らませるのが吉かなと。

さて、あたみ、らへんから、フレッシュなZINEの2号が届いています。
タイトル「Hygge」は、ヒュッゲと発音します。デンマークのことばで、“あたたかく居心地のいい雰囲気や関係”などを意味し、他の言語には置き換えられない単語だそうです。
「らへん」なゆるさがタイトルからして居心地のよさを感じます。
熱海ご出身の国分美由紀さん(主にテキスト担当)と大沼園子さん(デザイン担当)のお二人が発行なさっています。

ここ数年「熱海」が熱いらしい、というウワサをしばしば耳にしますが、果たして。
創刊号の「あたみらへんの食べものがたり」、最新2号の「あの人の仕事/大人の社会科見学」
どちらにも共通して言えるのは、「人」がとても魅力的ということ。真剣で朗らか。
そして遊び心あるデザインは手にしていて気分があがります。

陽射しも強くなって外に誘われますね。そんなとき、まずは「Hygge」を開いてみてください。
かなり充実した机上旅行がたのしめるはずです。

このページ一番下にご注文フォームがございます。

Hyggeあたみらへん 公式サイト:https://www.hyggeatami.info/
インスタグラム:hygge_atami
各号定価 1,100円(税込)
送料 200円

最新号 2号 特集:あの人の仕事/大人の社会科見学

— もくじ —
●特集01「あの人の仕事」
松崎工房/たなかきょおこ/BACCO Design & Illustration/SCRUMPCIOUS/真鶴出版
書肆ハニカム堂/芹沢パッケージ

●特集02「大人の社会科見学」
伊豆急 検修工場/反射炉ビア/加藤兵太郎商店/戸田塩の会/MOA美術館

あたみらへんの人:大木真実
(スキマcinema/NUMAZU DESIGN CENTER)
あたみらへんの宿:ロマンス座カド
やさいとことをつなぐ旅:増島農園
「そう、ボクとユカが出会ったのは……」奥川純一
and more!

A5/84P/1,100円(税込)

 

創刊号 特集:あたみらへんの食べものがたり

— もくじ —
●特集「あたみらへんの食べものがたり。」
●ヒュッゲな時間を味わうアウトドアごはんのすすめ

interview ぬまづの、おだし/山田食堂
〆竹商店/Beehive/堀江養鶏/渡辺ハム工房/湯河原 十二庵/ダイロクキッチン

●地元のお酒、飲んでる?
●日々のごはん、 わたしのごはん。

やさいとことをつなぐ旅
あたみらへんの人:大くまのりこ
あたみらへんの宿:LODGE MONDO-聞人-
「そう、ボクとユカが出会ったのは……」奥川純一
and more!

A5/72P/1,100円(税込)

 

【Hygge あたみらへん ご注文フォーム】

お支払い方法:銀行振込のみ(ゆうちょ、三菱UFJのいずれか)
送料:200円(クリックポスト/追跡可/郵便受け投函)
(4冊まで200円でお送りできます。)

自動返信は設定しておりませんので、ご返信にお時間がかかる場合がございます。
36時間以上経過しても返信が届かない場合は、お手数ですが、
koshohoroアットマークgmail.comまでご連絡ください。

写真家・高橋美香さんのご著書2タイトル

ツイッターでご紹介させていただいたクルド人のおかあさんによる 伝統レース編み「オヤ」のネックレスは、もともと写真家・高橋美香さんがクルド人ご家族の支援のため販売サポートしているもので、高橋さんの本の編集をしている友人を通して、当店でもお取り扱いさせていただきました。

高橋美香さんのご著書は、微力ながら当店にも並べていますが、お客さまをお迎えできない現状のため、通販でお求めいただけるようにしました。

下の画像は、クルディスタン(国を持たないクルド民族の生活圏)と高橋さんが取材を続けるパレスチナが載っている地図を探して出てきたものです。手元にあったものなので、第一次世界大戦後の情勢地図です。

【新刊】『パレスチナの ちいさな いとなみ』 1,980円(税込)

昨年かもがわ出版より上梓された皆川万葉さんとの共著です。
“紛争、封鎖、占領、抑圧という辛く悲しい現実のなかにも、パレスチナの人々を支える仕事があり、働く人びとには笑顔があります。”と帯にもあるように、この本に登場するのは、俳優さん、パレスチナの伝統スカーフ工場の経営者、コーヒー屋台のお兄さん、2017年にバンクシーがオープンさせたという「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」のドアマン、イスラエル軍の尋問が原因で旦那さんを亡くしてしまった6人の子を持つ難民キャンプのお母さん、さまざまな人々です。計り知れない苦難を抱えながらも、慈しみ深い笑顔が印象に残ります。
後半にはパレスチナの歴史、一問一答コーナーもあり、お子様と一緒に考えるのにも役立ちそうです。

かもがわ出版詳細ページ⇒

ご注文は、こちらのページ一番下の専用フォームよりお願い申し上げます。

『パレスチナ・そこにある日常』(古本) 1,100円(税込)

パレスチナ、イスラエル、エルサレム、、頭の中のこんがらがった糸を整理してくれたのが(とはいえ宗教、民族が複雑に絡む情勢はいまだに理解しきれてはいませんが)、『パレスチナ・そこにある日常』でした。
上の地図と、こちらの本の巻頭イラスト地図の違いだけでも、パレスチナの激動がうかがえますが、『パレスチナ・そこにある日常』には、住む土地を制限され、生活も命も脅かされながら、希望を失わずに生きる人々の姿が高橋さんとの交流を通して活写されています。
この本の中に出てくるコーヒー屋台のまだ学校に通っていた長男が、『パレスチナの ちいさな いとなみ』では成長し、立派に店を切り盛りしているのに気がついたときには胸が熱くなりました。

未來社詳細ページ⇒

イラスト:早川拓司
初版帯 帯に折り目がついています。カラー写真32pあり。

【通販のご案内】

 [お支払い方法] 銀行振込のみ(ゆうちょ、三菱UFJ)
 [送料] 200円(クリックポスト/追跡可/郵便受け投函/2冊ご注文いただいても送料は変わりません。)

★ ちょっとお得
 『パレスチナの ちいさな いとなみ』『パレスチナ・そこにある日常』セットで
ご注文の場合は、合計金額から、80円引きいたします。
  ⇒ 1,980円 + 1,100円 − 80円 + 200円/送料 = 3,200円

 

 

【高橋美香さんご著書専用ご注文フォーム】

折り返しお振込み先のご案内をお送りいたしますが、
自動返信は設定しておりませんので、ご返信に少しお時間をいただく場合がございます。

音の台所さんの新刊絵本『くもこちゃん』

えほん『くもこちゃん』

作・絵:音の台所 発行:七月堂
税込 990円(本体 900円)
送料 200円(クリックポスト/郵便受け投函/追跡可)
*お届け先の郵便事情(郵便局閉鎖など)により、お届け方法を変更する可能性もございます。

市場の古本屋ウララ店主・宇田智子さんのエッセイ「くもこ」から着想をえて出来上がった絵本です。

 

「くもこ色」それは、むかし沖縄で美しい色を意味することばでした。
首里城、ヤンバル、夜光貝など、美しい色をからだに映しながら、くもこちゃんは空を漂い旅します。
巻末の「くもこ辞典」が秀逸です。各ページの絵をより深く識ることができますよ。

お篭りの日々ですが、ふわりふわり、くもこちゃんに身を任せ、絵本の中の沖縄を旅してみませんか ☁︎ ☁︎ ☁︎
 
『くもこちゃん』のツイッターアカウントもできたそうです。@kumokochan2020
空の上のこと 空の下のこと ぽつりぽつりと つぶやきます☁︎ ☁︎ ☁︎

昨年、第一牧志公設市場の最終営業日まで、市場の古本屋ウララさんの店内で行われた音の台所リトグラフ展『市場のねこ』からつくられたポストカード2点、「市場のアーケード」「市場のパラソル通り」(各 税込150円)も同梱できます。(同梱しても送料は変わりません。)

【絵本『くもこちゃん』専用 通販お申し込みフォーム】

自動返信は設定しておりません。
お手数ですが、1、2日経過してもご返信がない場合は、koshohoro(あっとまーく)gmail.comまでご一報ください。