装幀・造本」タグアーカイブ

今年もよろしくお願い申し上げます。

今年も航海を続けられますよう、ウィンドウを柳原良平に替えて新年を迎えました。

柳原良平『船の本』全5巻(至誠堂/ ¥5,000+税/少々難あり)、『船キチの航跡』(海事プレス社/¥1.500+税)、『「客船史」を散歩する』(出版協同社/¥1,000+税)のほか、山口瞳の男性自身シリーズなど。
店内の500円均一などにも柳原良平の仕事は並んでいますので、探してみてください。

そして船が水を呼んでしまったのかわかりませんが、またしても漏水。。。
昨夕、今日の初売り準備のため、一足先に店に着いた宮地から、「バケツ持ってきて!」との電話があり、バケツは店にもあるのになぁ、と思いながら、すぐに店に向かうと、ピアノの下から演劇の棚の方まで、まさかの大きな水たまり。
年明けくらいは穏やかに迎えたかったのですがねぇ。

マンションの他の部屋の方に聞くとどうやら早朝から漏れていたとのことで、その日のうちに応急処置が出来たのは不幸中の幸と思うことにしました。
今回は建築の棚がかなりやられてしまいましたが、こう度重なると(宮地記録によると1年9ヶ月ぶり通算4度目)、哀しいかな自分たちもスキルアップしていて、拭く前にまず現状撮影、みたいな手順を自然とできるようになってしまいました。そうは言っても、びしょびしょになった本や店内を誰が片付けてくれるわけでもなく、ピアノにも飛沫がかかっていたので、ピアノを移動したり、棚から本を抜いたり、そうしている間にも漏水箇所が増えてしまったり、結局深夜までかかってしまいました。
今日になって、水元の給湯管補修工事は終え、漏水は止まったとのこと。いまは既に漏れてしまった残り水がポタリポタリと落ちる程度になりました。

湧泉の麓で商売してると思えばいいか。古本と湧き水、古書源泉館、、、


ピアノのいた場所。(先月の丹藤商店トークでは、この壁、ピアノの上にスライド投影をしたのでした。)


ピアノさんはというと、現在、棚に面と向かって本を選んでるかのような、滅多に見られないポジションにいます。(蓋を開けて、湿気を逃がしてるところ。)

こんなんですが今年もよろしくお願い申し上げます。(ミカコ)

本日の品出し 2018年11月26日(金)

タイトル 著者 出版社 本体価格 状態、他
青山二郎の眼
図録・解説2冊組

監修 青柳恵介 ジパング
新潮社
3,500 2006年 図録 函入り
日本の古本屋サイトにもアップしました。
*本体価格に別途消費税をお預かりいたします。

本日の品出し 2018年10月08日(月)

タイトル 著者 出版社 本体価格 状態、他
ALFRED LUBIN
アルフレッド・クビン
DIE SAMMLUNG LEOPOLD
THE LEOPOLD COLLECTION

Hatje Cantz 6,000 2002年 ウィーン・レオポルド美術館 図録
ドイツ語、英語

こちらの本は日本の古本屋サイトからもご購入いただけます。
二階武宏木口木版画全作品集
2003年〜2013年



アートゾーン神楽岡 3,000 2013年 初版
限定350部のうち213
2頁角折れ
サイン入り活版印刷作品付き



こちらの本は日本の古本屋サイトからもご購入いただけます。

TAKEO PAPER SHOW 2011

竹尾ペーパーショウコミッティ 監修 平凡社 2,500 2011年 初版 表紙に僅かなシミ

*本体価格に別途消費税をお預かりいたします。

本日の品出し 2018年09月24日(月祝)

タイトル 著者 出版社 本体価格 状態、他
MINERALIUM INDEX
ミネラリウム・インデックス

米澤敬 牛若丸 2,000 1996年 初版
造本 松田行正
型 イノベーション
凸と凹
松岡正剛
木部与巴仁ほか
INAX BOOKLET 1,000 1994年 初版
*本体価格に別途消費税をお預かりいたします。

本日の品出し 2018年09月03日(月)

ART WORKS Ⅲ ザ・アートワークス・コミッティ ¥18,000+税
1991年 7/150部 函傷み

発行人 長野真
編集人 飯倉正幸
編集 坂本悦子 岡本真一 中山真理
監修 北山耕平 関口憲 島本翛二 山岡茂 奥村靫正

EARTHLIGHT ヴィデオテープ アライタダヨシ

UNIT コラージュ キスノテツヤ

昆虫図鑑─カミキリ編─ フロッピー・ディスク

COIL(滝由美子、長岡恵美、三浦洋幸)+木元達之助

TROUBLE VISION ’91 エッチング版画 小島伸吾

PEACE BY PIECE Tシャツ
上田ミユキ、田中紀之、谷口広樹、寺門孝之、ムラカミヤスヒロ+ザ・アートワークス・コミッティ

めぐみ16才─全五十三葉第一回配布─ 写真 三東タカシ

REFRIGERATOR─Manna─ 小冊子 田中信明

THINK EGGS ポストカード・セット 戸張隆宏

DREAMING NOTEBOOK コピー画集 南天

神口密度 オブジェ
ふふふ造形団(小倉剛、河野裕子、吉川和典、斎藤浩、坂本敦子、馬場恵、宮崎恭子)

PRE-ECHOES CD モーガン・フィッシャー

YOUR EYES ONLY 木版画 山口マオ

発情記 ペインティング、シルクスクリーン+木版画 和田信明

平野甲賀リトグラフ

2018年2月15日から4月1日まで、ウィンドウをつかい、平野甲賀さんのリトグラフのミニ展示を行いました。至近で見る甲賀さんの文字は今にも動き出しそうですし、リトグラフならではのインキののりに迫力を感じます。
リトグラフは、水牛楽団のポスターのほか、実際に書籍として刊行された装丁のデザインと、甲賀さんによる架空の装丁とあります。書籍になっているものも、リトグラフにするときに新たに手を加えられたものもあります。たとえば、『ウィリアム・モリス研究』はリトグラフでは、書籍になかったきれいな地模様がほどこされ、巻数の数字もデザインが変えられています。画像はすべてクリックで拡大します。
リトグラフは販売しております。通販も承りますので、〈お問合せフォーム〉よりお気軽にお訊ねください。
店頭からは下げましたが、お声がけいただければ実際にご覧いただくことも可能です。ただし店員が一人しかいないときなど、タイミングによってはご対応できないこともございますので、事前にご確認のお電話をいただけますと助かります。

“その工房に据えられているリトグラフの自動機は1938年パリ製だった。自分とおなじ誕生年のとても理解しやすい亜鉛板のオフセット機だ。動かせばトンボなんぞはおおいにズレそうだ。子供のころよく目にした、ヤレ(使えない印刷物)のような刷り物。しかしどうやらぼくはこのほうが性に合ってる。こだわりのない、そして思惑どおりにはならないぞといった、なにか平然たるものを感じるのだ。架空装丁は、過去好きだった本を気ままに仕立てるつもりだったが、むずかしいもんだ、ついかしこまってしまう。それに展覧会を見た人が「これ、本屋に買いにいったけど、なかったぞ!」の苦言にはまいった。ご迷惑かけました。”(『平野甲賀の仕事 1964-2013 展』図録より)

〈ポスター〉

 

水牛楽団 カラワンコンサート
リトグラフ 1991年 36.5cm×25.7cm(以下すべてサイズ単位:cm)
25,000円+税
 

〈実際に書籍になっている装丁〉

 

『本郷』木下順二 講談社(1983年刊)
リトグラフ 1991年 19.0×16.0
40,000円+税
 
 

『袋小路の休日』小林信彦 中公文庫(1983年刊)
リトグラフ 1991年 16.7×13.2
売切
 
 

『文学的回想 犀の本』長谷川四郎 晶文社(1983年刊)
リトグラフ 1991年 17.8×11.5
35,000円+税
 
 

『ウィリアム・モリス研究』小野二郎著作集 晶文社(1986年刊)
リトグラフ 1992年 26.6×16.5
40,000円+税
 
 

『山猫の遺言』長谷川四郎 晶文社(1988年刊)
リトグラフ 1991年 20.6×23.5
40,000円+税
 
 

『完本 読書人の壼中』谷沢永一 潮出版社(1990年刊)
リトグラフ 1991年 20.0×17.5
25,000円+税
 
 

『ロシア・アヴァンギャルド』第4巻 構成主義の展開 国書刊行会(1991年刊)
リトグラフ 1991年 21.5×17.0
売切
 
 

『ぼくは浅草の不良少年 実録サトウ・ハチロー伝』玉川しんめい 作品社(1991年)
リトグラフ 1991年 20.0×15.5
30,000円+税
 
 

『鎌田慧の記録』第1巻 日本列島を往く 岩波書店(1991年刊)
リトグラフ 1991年 20.0×16.9
30,000円+税
 
 

『胃袋を買いに。』椎名誠 文藝春秋(1991年)
リトグラフ 1991年 19.9×18.1
30,000円+税
 
 

『東京読本』枝川公一 西北社(1990年刊)
リトグラフ 1991年 20.0×18.0
30,000円+税
 
 

『瓶の中の旅愁 小説の特異点をめぐるマカロニ法師の巡礼記』小林恭二 福武書店(1992年刊)
リトグラフ 1992年 20.3×17.8
25,000円+税
 
 

『俳優論』草野大悟 晶文社(1992年刊)
リトグラフ 1992年 19.7×16.5
35,000円+税
 
 

『私語り 樋口一葉』西川祐子 リブロポート(1992年)
リトグラフ 1992年 20.4×19.0
25,000円+税
 

〈架空装丁〉

 

『三人の兵隊』
リトグラフ 1994年 22.8×17.3
30,000円+税
 
 

 

『兵士シュベイクの冒険』上巻・下巻
リトグラフ 1994年 各21.2×17.5
各30,000円+税
 
 

『歴史の暮方』
リトグラフ 1994年 21.0×18.1
25,000円+税
 
 

『不連続殺人事件』
リトグラフ 1994年 18.5×14.1
25,000円+税
 
サイズ、製作年のデータは、主に『平野甲賀の仕事 1964-2013 展』図録(2013年/武蔵野美術大学)、『idea アイデア』345号(2011年3月/誠文堂新光社)を参考にしました。リトグラフ制作年は、リトグラフにサインされている年を書いています。

本日の品出し 2017年12月19日(火)

タイトル 著者 出版社 税抜き価格 状態、他
ハサミとのり 三国一朗 みゆき書房 2,000 昭和45年 初版
ビニールカバー
装幀:上口睦人
波瀾興亡の球譜 坂井保之 ベースボール・マガジン社 1,500 1996年 第2刷
どうしたって、プロ野球は面白い 草野進 中央公論社 2,500 昭和59年 初版 帯
本文カット:水野良太郎
プロ野球観戦學講座 渡部直己 論創社 1,500 1987年 初版 帯
付録あり
装幀:戸田ツトム
二人で少年漫画ばかり描いてきた 藤子不二雄 毎日新聞社 5,000 昭和52年 初版 帯 美品
装幀:西部山隆志
モダニズム出版社の光芒
プラトン社の一九二〇年代
小野高裕
明尾圭造
西村美香
淡交社 3,500 平成12年 初版 帯
つり随筆
猿猴川に死す
森下雨村 関西のつり社 1,500 昭和52年 2版 帯
ビニールカバー
せどり男爵数奇譚 梶山季之 桃源社 2,000 昭和49年 初版 帯
装幀:岡田嘉夫
私はこんな女である
久坂葉子遺作集
和光社 4,000 昭和30年 初版
序文:井上清
   鶴見俊輔
解説:富士正晴
昭和の尋ね人
アウトサイダー列伝
西日本新聞
文化部編
不知火書房 1,000 1999年 初版 帯
狐になった夫人 他 ディビッド・ガーネット
井上安孝 訳
原書房 1,000 昭和44年 初版
芭蕉さんの悪戯 八女川瀬 彷徨舎 1,000 2006年 初版 帯
追憶の野村英夫 猿渡重達 編 教育出版センター 1,000 1981年 初版
文読む姿の西東 田村俊作 編 慶應義塾大学出版会 1,500 2007年 初版 帯